トップへ戻る

 保育の原点
自分を愛するようにあなたの 隣 人となりびと を愛せよ
(聖書、マタイによる福音書19章19節)
 保育目標
自立性 自ら判断し、自分のことは自分でできる子ども
連帯性友達と仲良くし、生命を大切にする子ども
創造性自分で考え、新しいものを創る子ども
 保育の形態

 幼稚園教育要領による5領域を基にして、カリキュラムを検討し
 保育を行っています。

健 康
運動遊び
第1・第2・第3運動場、サッカーゴール、バスケットゴール、スクーター、手押し車、各種固定遊具
運動遊び(週1回YMCAより講師派遣)年長・木曜日、年中・金曜日
プール遊び、川遊び
健康診断
毎月身体測定
人間関係
混合保育(週2回)
全園児が園庭での好きな遊びを自由に展開
統合保育
障がいのある幼児も共に育ちあう保育
アジア学院研修生との交流会
花の日や、収穫感謝礼拝の日に、公共機関や高齢者の施設等を訪問し、交流
環 境
緑豊かな園地
動物飼育
ヤギ、羊、あひる、ウサギ、はと、他
野菜観察園成長の観察や収穫の体験保育
野外活動センター
キャンプの体験、草花の観察や虫とり
山林観察園
木や草花での遊び、どんぐり拾い
 表 現
制作活動
陶芸、印象画、観察画、コンピュータ画
造形展
共同制作を通して協力する楽しさを経験、廃材を利用した制作活動
楽器遊び、リズム遊び
クリスマス会のカンタータ(降誕劇)
 言 葉
自分の意思を自分の言葉で表現し、自分の意思を表現してもらう体験
おじいさん、おばあさんありがとうの会や、クリスマス祝会、お別れ発表会では、舞台に立つ経験
絵本、紙しばい、演劇鑑賞等を通して、イメージを広げ想像力を豊かに


 統合教育

共に育ちあう統合教育

 障がいのある幼児も一緒に毎日過ごしています。
『人は皆、神の前では平等である』というキリスト教主義教育の理念のもとに、創立以来いろいろな障がいのあるお子さんを、関係機関の協力を頂き受け入れ、共に育ち合う教育環境を保障しようと努力しています。


在園した・している園児の障がい名

 知的発達症
 言語発達遅滞
 精神運動発達遅滞
 構音障がい
 聴覚障がい
 視覚障がい
 発達性協調運動障がい
 自閉スペクトラム症
 注意欠如・多動症
 限局性学習症
 肢体不自由
 四肢欠損
 筋ジストロフィー
 未熟児網膜症
 超低体重出生児
 脳性麻痺
 心臓疾患
 ウエスト症候群
 ピエール・ロバン症候群
 ダウン症候群
 他の染色体起因障がい

支援実績

クラス担任の他に職員を配し、一人一人のお子さんの発達に即しながら、各クラスでの総合保育、障がい児だけの小集団保育、個別指導などの場合を設けています。

障がい児受入数と専任職員数

障がい児 専任職員
2015年度 46人 14人
2014年度 47人 14人
2013年度 42人 18人
2012年度 50人 16人
2011年度 39人 13人
2010年度 42人 14人
2009年度 40人 15人
2008年度 40人 16人
2007年度 38人 16人
2006年度 37人 17人
2005年度 35人 14人
2004年度 32人 14人
2003年度 31人 12人
2002年度 22人 10人
2001年度 20人 8人
2000年度 21人 8人
1999年度 23人 8人
1998年度 18人 7人
1997年度 18人 6人
1996年度 20人 7人





協力関係機関

 那須特別支援学校
 栃木県立盲学校
 栃木県立聾学校
 国際医療福祉リハビリテーションセンター なす療育園
 国際医療福祉大学クリニック 言語聴覚センター
 子ども発達支援センター なすの園
 とちぎリハビリテーションセンター
 わかば相談(就学相談)
 ことり教室(早期教育相談)
 トータルサポートセンター 空
 うぃるサポートハウス くれよん
 児童ディサービス Smile
 児童発達支援 つばさ

 児童発達支援センター

2016年9月

2017年4月
児童発達支援事業所を開設
 児童発達支援

児童発達支援センター「シャローム」を開設
 放課後棟デイサービス
 保育所等訪問支援
 指定障がい児相談支援(2017年度中開始予定)

 さらなる支援の充実のために、学校法人立として初の事例となる、「児童発達支援センター」を開設いたしました。福祉と教育の両面から、お子さんの困りをサポートして参ります。

詳細は下記のホームページをご覧下さい。

  児童発達支援センター


このページのトップへ戻る